休日労働と時間外労働

休日は、労働基準法第35条に定められています。

 

第三十五条 使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない。

○2 前項の規定は、四週間を通じ四日以上の休日を与える使用者については適用しない。

 イーガブの法令検索から引用

 

この、 法律で定められた休日(法定休日)に 働かせた場合は、 35%以上の割増賃金 を支払わなくてはいけません。

曜日とか国民の祝日とかお盆とか年末年始は関係ありません。これは、原則、週に一回の休みを確保するように・・・と いう規定で、連続労働を規制するという意図があるようです。

 

一方、時間外労働の“時間外”とは、労働基準法第32条に定められた労働時間外という意味です(いろいろと例外があります。変形労働時間制とかフレックスタイム制など)。

 

第三十二条 使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。

○2 使用者は、一週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き一日について八時間を超えて、労働させてはならない。

イーガブの法令検索から引用

 

こちらは、長時間労働を抑制するという意図ですね。

 

“休日”と“時間外”というのは、労働すれば割増賃金が発生するというコトでは似ていますが、意図する所は異なりますので、別々にカウントしなければなりません

 

休日労働と時間外労働

 

同じ休日といっても、法定休日(日曜)と会社が決めた所定休日(土曜)では扱いが違う所が紛らわしいですが、別々に集計します。

法改正で新しく導入された“月60時間を超える時間外労働に対する割増賃金率の引き上げ”の対象となる“月60時間”のカウントも、所定休日労働を含む(2)の時間はカウントされますが、法定休日労働である(1)の時間はカウントされません。

ウッカリ間違いやすい点だと思うので、厚生労働省のホームページにある、“法定割増賃金率の引上げ”の具体例を一度確認される事をお勧めします。

0 コメント: