副業・兼業と就業時間 徹底チェック!【就業時間の取扱ルールについて】(1)

  このブログは、たま~に更新して、重箱のスミをザックリとツッつくブログです。「このブログについて」「免責事項」も読んでいただければうれしいです。

 平成30年1月、副業・兼業について、
企業や働く方が現行の法令のもとでどういう事項に留意すべきかをまとめたガイドラインが作成され、あわせて、モデル就業規則が改定されました。

副業・兼業:厚生労働省

 このガイドラインの中で、企業が副業・兼業を認めるにあたっての課題・懸念のひとつとして、「就業時間の取扱のルールがわかりにくい」ということが指摘されています。

 副業・兼業で2つ以上の会社と労働契約を締結して働く場合、実務的に、ヨソの会社での労働契約や就業時間を日々把握していなければ、キチンとした取扱ができないのですが、仮にヨソの会社での労働契約や就業時間が完璧に把握できたとしても、気をつけなければならないポイントがアレコレあるように思います。

 従来は「副業・兼業を原則禁止する」といった運用が主流だったため、就業規則や労働基準法などに、「副業・兼業の場合の就業時間の取扱ルール」に関する規定や解釈が少なく、具体的な「取扱ルール例」なども、あまり見かけることはありませんでした。

そこで、「副業・兼業の促進に関するガイドライン(およびQ&A)」を参考にしながら、「就業時間の取扱ルール」について、主に労働基準法での取扱を確認していこうと思います。

 私の未熟さによる勘違いや誤りがあれば、やさしくご指摘いただければ幸いです。


0 コメント: